返礼品にこだわるお葬式

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイプ別お葬式研究

280,568

(1999/10/06〜2017/08/24現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > タイプ別お葬式研究 > 返礼品にこだわるお葬式

返礼品にこだわるお葬式

お葬式の返礼品は3種類に分類できます。

お葬式の参列者に対する返礼品

お葬式の参列経験のあるかたなら御存知かと思いますが、小さめの箱に入ったハンカチやお茶を御受け取りになったことがあると思います。
金額は500円~1000円くらいのものが多いようです。
お葬式のお返し物全般に言えることですが、参列のみなさんに一律同じものを渡すため、返礼品は最大公約数的な無難なものになることが多いようです。


御香典に対する返礼品

返礼品地方によっても異なりますが、いただいた御香典の半分から3分の1くらいの品物をお返しするのが習慣となっています。
お返しするタイミングは大きく分けて2通りあります。

一つは四十九日法要(仏式の場合)が終わったあと、法事が終わった報告を兼ねてお送りする方法です。
デパートなどで取り扱っているのをご覧になったことがあるかもしれません。
個別にお送りするので商品のレパートリーは(1)より格段に広がります。
ただしお送りする相手が多いと大変なので、親しい人には個別の商品、そうでない方には金額に応じて、一律の商品をお送りになられてはいかがでしょうか?
以前は高額な御香典のお返しにいつも羽毛布団が送られてきて困ったというケースをよく聞きましたが、最近は結婚式の影響でしょうか、カタログブックをお送りして、先方に気に入った商品の選んでもらうという方法もあります。

もう一つのタイミングはお通夜・お葬式のその場でお返しする方法です。
御香典をお持ちになる方の9割は5,000円から10,000円くらいなので2,500円前後のお返し物をその場でお渡してしまうという方法です。
お持ち帰りいただくので、あまりかさばらず軽いもの(高級な御茶やお菓子など)が好まれるようです。お返し物の金額は香典の金額に対して一律になりますが、後日郵送する手間隙が省けるので、御遺族の負担を軽くすることができます。
またこの方法の場合、2万円以上の高額な御香典をお持ちになった方のみ四十九日が明けてから御香典返しをお送りしています。
上記以外の方法としては、御香典のお返しはせず公共団体や慈善団体の寄付に代えさせていただくという方もいらっしゃいます。

身内に対する返礼品

これは必ずしも必要でないことが多いのですが、お葬式が終わって親族が帰られるときに2000円~3000円位のものを御渡しすることもあります。
また密葬の場合、参列が身内だけなので少しいいものを、ということで御渡しになる方もいるようです。

(返礼品は、地方によって考え方がだいぶ異なるようですので、詳しくは地元の葬儀社と相談するといいでしょう)


Story 葬儀の後でもできる大切な人のお別れ会
今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り