演出にこだわるお葬式

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイプ別お葬式研究

292,228

(1999/10/06〜2017/10/19現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび

演出にこだわるお葬式

「演出」という言う言い方をすると、作為的な響きがあって、ちょっと語弊があるかもしれませんね。
言いかえるなら、故人は亡くなってはいるけど、きっと故人が喜んでくれるにちがいないお葬式にするにはどうしたらいいかということです。

ビジュアルにこだわる

ビジュアルにこだわる葬儀演出には「ビジュアル(見た目)」の要素と「式次第(進行)」の要素があると思います。 まず「ビジュアル」の要素についてお話したいと思います。
最近メモリアルコーナーという名称で故人の遺品を飾るケースが増えてきました。 飾る場所は祭壇であったり、式場入り口であったり、控室であったりいろいろです。
例えば野球が趣味だったのでマネキンにユニフォームを着せて飾ったり、サーフィンが趣味だったのでサーフボードを飾ったり、バイクが趣味だったので式場にバイクを飾っているのを見たこともあります。
プロジェクターが備え付けの式場なら、生前の写真を加工したイメージフィルムを、好きだった音楽にのせて映すようなケースも良く見かけるようになりました。


進行にこだわる

弔辞次は「式次第(進行)」についてです。
個人葬では「弔辞」をもっと活用してはどうでしょうか?
弔辞は社葬ではよく見かけますが、個人葬では一割程だと思います。
弔辞の良い所は、宗教儀式の式中でも、故人の思い出を語ることができることです。
別に気の利いたことを言う必要はないと思います。
立て板に水で話す人は話が上手だったという印象は残りますが、むしろ心を打たれるのはたどたどしく自分の言葉で語る人だったりします。
別に原稿を見ながらでも構いません。

ある無宗教葬では喪主さんがアトランダムに参列の方を指名して故人の想い出を語ってもらったそうです。
そのためみなさん飾らない言葉で話さざるを得ず、それがいい結果をもたらしたと聞きました。
そうは言っても弔辞を述べる方にしてみれば緊張するものですから、式中の進行に組み込む形なら早めに(その日になって頼んだりしないよう)お願いして承諾を得た方がいいかもしれません。

また無宗教葬の場合、宗教的な制約がないので遺族の希望が何でもかなえられると考えがちです。
もちろんそういう側面もありますが、逆に「何をやってもいい」と言われると「何をしたらいいか分からない」状態になってしまいます。
そんな時は、当サイトもしくはご紹介させていただく葬儀社さんにご相談ください。

今まで述べてきた演出も、事前相談の段階で決めておいた方が万が一のとき、スムーズに行えます。
実は上記のような演出はご相談いただいた方からの要望をもとにアレンジすることが多いのです。
「こういったことがしたい」という御要望があれば、ぜひおしゃってください。
実現に向けてのお手伝いをさせていただきます。



Story 葬儀の後でもできる大切な人のお別れ会
今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り