祭壇料?セット料金?って何?

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
葬儀費用の目安

305,390

(1999/10/06〜2017/12/17現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 葬儀費用の目安 > 祭壇料?セット料金?って何?

祭壇料?セット料金?って何?

祭壇料はお葬式のグレードと比例している

白木祭壇お葬式の見積書を見ると、祭壇料という項目があることが多いですが、この「祭壇料」、あまりなじみの無い言葉です。
しかも費用明細を見るとけっこうな額になっています。
パンフレットやホームページを見ると、50万円とか80万円とか100万円とか、そんな数字が書かれています。
こんな金額がかかる費用って、いったい何の費用なんでしょうか?

一般的には、「祭壇料」は、祭壇の貸出料です。
祭壇というのは、お葬式の時に、いちばん前にある、白木でできた宮殿のようなもののことを指します。
最近では、「花祭壇」と言って、白木の祭壇の代わりに、色とりどりの生花で飾った祭壇をこしらえることも少なくありません。

ただ実際には、祭壇料は祭壇の貸出料だけでなく、人件費や諸経費が含まれていることが多いようです。
「お葬式はなぜ高い?」のところでも述べましたが、お葬式はたくさんのスタッフが関わって進められます。
祭壇の貸出料に、そうしたスタッフの人件費や諸経費を加えたものが祭壇料と言ってもいいでしょう。
祭壇料が、50万円とか80万円とか100万円といった金額なのは、そうした理由なのです。

ちなみに、祭壇料の金額が異なると、祭壇の大きさも変わってきます。
50万、80万、100万と増えていくにしたがって、祭壇は大きくなっていきます。
同時に、スタッフの人数や、その他諸々のサービスのグレードがあがっていきます。
つまり、祭壇料とは、「松」「竹」「梅」というような、お葬式のグレードをあらわす規準でもあると言えるでしょう。

セット料金には、料理や香典返しは入っていない

また、「葬儀一式○○万円」といった、セット料金というかたちをとっている葬儀社もあるようです。
この場合の「葬儀一式」の中に何が含まれるかは、葬儀社によって異なるようですが、ほとんどの場合、料理や香典返しなど、参列者の人数で変化する費用は入っていません。

含まれているのは、祭壇を始め人件費、棺、寝台車、霊柩車、枕飾り、ドライアイス、遺影、設営費用、骨壺、位牌、自宅用後飾り祭壇などです。
ただしこれも、葬儀社によって含まれているものが微妙に異なるので、注意が必要です。

祭壇料型の葬儀社とセット料金型の葬儀社

このように葬儀社の料金体系は、大きく分けて、祭壇料型とセット料金型に分けられます。
「どっちの葬儀社を選んだほうがいいですか?」と聞かれる方もいるようですが、どちらも一長一短で、どちらがいいとは一概に言えません。

ただ、自分が選んだ葬儀社の見積もり書を見る時に、祭壇料とは何なのか、ということはちゃんと理解しておくべきです。また、セット料金には何が含まれていて、何が含まれていないのか、ということはきちんと確認しておいてください。

葬儀相見積代行

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り