見積書を見る時のポイント

お葬式・葬儀のご相談や評判のいい葬儀社の紹介なら“お葬式 消費者相談.com”

お葬式 消費者相談.comは「葬儀大事典」や「全国優良葬儀社名鑑」などを
発行している供養専門の出版社である鎌倉新書が運営するサイトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
葬儀費用の目安

279,771

(1999/10/06〜2017/08/20現在)

はじめての葬儀に必ず役立つ、葬儀安心読本プレゼント!
いい葬儀マガジン
市川愛の「教えて!お葬式」
お香典で賄うお葬式
お葬式で後悔しないために
我が家に合った葬儀は?
タイプ別お葬式研究
全国のお葬式・お墓・仏壇事情
葬儀後の諸手続き
相談者アンケート調査
MYLIFE 旅立ちの準備ノート
いい葬儀
遺産相続なび
遺品整理なび
お葬式 消費者相談.com > 葬儀費用の目安 > 見積書を見る時のポイント

見積書を見る時のポイント

最近はお葬式の見積もりを取ることの重要性が認識されるようになりました。
また葬儀社を訪れなくてもメールなどを使って見積りを請求できるようになりました。
良いことだと思います。
しかし見積もり書を受け取っただけで安心してはいけません。
なぜなら初めて葬儀の見積りを見る人にとっては理解するのが難しく、またわざと誤解させるような見積りを作る葬儀社もいるからです。

1.変動費(参列者の人数によって変わる費用)を確認する

皆さんがお葬式の際、支払う費用は、支払先別に分類すると次の三つになります。
①葬儀社へ支払う葬儀費用
②宗教者へ支払う費用
③火葬場へ支払う費用
です。
さらに①の葬儀社へ支払う費用は、「お返しもの」と「料理」という参列者の数によって変動する部分と棺や祭壇などの変動しない部分に分けられます。

この『「お返しもの」と「料理」という参列者の数によって変動する部分の単価と個数が表示されているか』を確認しましょう。
この変動する部分を「実費」として総額に含めない葬儀社や、最初から表記していない葬儀社がいるので注意が必要です。

2.総額を確認する

見積り書を見る際の最大ポイントは「最終的にいくら払えば良いのか」ということです。
予想したよりも多くの人が参列しない限り、葬儀社に支払う費用はこの見積りの金額で良いか?を葬儀社に確認しましょう。

3.見積り書の分からない点を葬儀社に、よく質問する

見積書を見てよくわからない点があったら、電話ででも確認をしましょう。
良い葬儀社であればどの社員に聞いても、丁寧で同じ内容の説明をしてくれるはずです。

以上の3点に注意すれば、その葬儀社にお願いするといくらかかるのかが、はっきりします。

まれにですが、私どものお葬式 消費者相談.comのフリーダイヤルに寄せられる問い合わせの中に「葬儀社が見積りを事前に作ってくれないがどうしたらいいか?」という質問をお受けすることがあります。そのような見積り書を作らない葬儀社は絶対選ばないようにしてください。

また「最安値」の葬儀社を探そうとする方もいらっしゃいます。
お気持ちは良く分かるのですが、電化製品と異なり、葬儀社によって取り扱う商品はそれぞれ異なります。
金額だけを基準に単純比較を行うのは難しいと思います。
最安値を追うことを目的にするのではなく、むしろ不当に高い葬儀社を排除して良い葬儀社をさがすくらいのお気持ちの方が、上手くいくと思います。

葬儀相見積代行

今日の葬儀を取り巻く状況を見渡すと、多くの方が葬儀についての知識がないばかりに、必要以上に華美なものになってしまったり、逆に費用面を心配するあまり、簡素化しすぎて後々後悔する、そんなケースが数多く見受けられます。そんな状況を見るにつけ、葬儀についてしっかりした知識と情報をお伝えする必要性を私達は感じています。お葬式は人生における大切な通過儀礼なのです。いい葬儀を行うためには、まずは葬儀に直面する多くの消費者が知識と情報を得ることが何より大切です。その上で必要に応じ的確なアドバイスを行う、これが 当サイト(お葬式 消費者相談.com)の趣旨です。そして故人から「ありがとう」の声が聞こえてくるような満足のいく葬儀が行われることを目指しています。

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

メールで無料一括見積り